幅広いデバイスと入力ソースに対応した、24-bit/96kHzのモバイル・オーディオ / MIDIインターフェース「iRig PRO I/O」が日本でも発売

IK Multimediaが,「iRig PRO I/O」「iRig PRO I/O」を8/10に発売します。20,978円です。

「iRig PRO I/O」は、24-bit/96kHzのオーディオのレコーディングとMIDI入出力、そしてモニタリングに対応する、コンパクトサイズのモバイル・オーディオ / MIDIインターフェースです。「iRig Pro」の後継機種となります。

コンデンサー・マイク、ダイナミック・マイク、ギター、ベース、キーボード、MIDIコントローラーなどの入力にそれぞれ対応し、48Vファンタム電源搭載の標準 / XLRコンボ端子、1/4インチHi-Z入力端子を装備しています。

ボリューム調節が可能なプリアンプ内蔵3.5mmステレオ・ヘッドフォン出力端子、入力ゲインを調節するノブを備えています。
AC/DCアダプタで電源している時には接続されたiPhoneやiPadを充電することができます。

また、「iRig Pro I/O」のユーザー登録を行うと、「AmpliTube 4 for Mac/PC」「SampleTank 3 SE」「T-RackS Deluxe」「Mic Room」などのMac/PC用ソフトウェアがIKアカウントに追加されます。 また、「AmpliTube CS for iOSでAmpliTube for iOS」フルバージョンの機能制限を解除することができ、総額60,000円以上のソフトウェアを利用できるようになります。

対応機種は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windows PC、Androidデバイスです。



タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA