新たな移民政策についてのシリコンバレー企業の反応

The Vergeが,先週,アメリカのトランプ大統領が署名した,新しい入国審査制度の導入についてのシリコンバレー企業の反応をまとめています。



Silicon Valley’s responses to Trump’s immigration executive orders, from strongest to weakest

トランプ大統領が先週署名した大統領令では,難民受け入れの一時停止,受け入れ総数の削減の他に,全ての国を対象にしたビザ申請時の情報の再検討なども含まれています。

この大統領令について,BoxのAaron Levie CEO,NetflixのReed Hastings CEO,Uberなどは強く反対の意思を示しています。



AppleのTim Cook CEOは内部メモの中で,”私たちのポリシーと違うものだ”と表明し,ホワイトハウスに抗議したことを明らかにしています。
また,Google,MozillaのChris Beard CEO,TeslaのElon Musk CEO,TwitterのJack Dorsey CEOも基本的に反対で疑問視していることを表明しています。




なお,FacebookのMark Zuckerberg CEO,Microsoftは”考慮中”というステイタス以上の事は表明せず,Amazonはコメントをしていません。


タグ:,

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA