次のApple WatchのトップラインはマイクロLEDパネルを採用か

Digitimes Researchのアナリスト Luke Lin氏が、AppleはApple WatchとARデバイス用のマイクロLEDパネルの開発をTSMCと行なっているという情報を伝えています。

また、Appleは、TFTベースのラージサイズのマイクロLEDパネルにも取り組んでいて、これはMacBookよりも大きなサイズの製品に採用されるとみられています。

情報筋によると、Apple Watch用として1.3〜1.4インチ、ウェラブルARデバイス用として0.7〜0.8インチのサイズのマイクロLEDパネルが使われるようです。
このウェラブルARデバイスは、Google Glassのようなメガネ型の可能性も指摘しています。


Apple WatchのマイクロLEDパネルは2018年後半から2019年に量産体制に入り、ラージサイズのパネルは2019年以降に量産体制が整うように計画しているようです。
なお、ウェラブルARデバイス用パネルの量産時期については、はっきりとはしていません。

マイクロLEDパネルを搭載する製品は、次のApple Watchシリーズのトップラインになり、現在採用されているOLEDパネルと比べ、4〜6倍のコストがかかるとのことです。



タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA