3Dセンサー市場は2020年に100億ドル市場に成長するとの予測

Digitimes Researchが、ワールドワイドの3Dセンサー市場は、2020年に90億ドルから100億ドルに成長すると予測しています。

Global 3D sensing market to reach US$9-10 billion by 2020

Appleが、iPhone Xに搭載した3Dセンサー技術は、イスラエルの「PrimeSense」の技術がベースになっています。

「PrimeSense」は2013年11月にAppleが360億円で買収していました。
同社が開発した3Dセンサー技術は、MicrosoftのKinect第一世代にも搭載されています。

3Dセンサー技術は今後、スマートフォンなどのコンシューマー・エレクトロニクス分野に加え、工業でのオートメーション、航空宇宙分野、スマート医療ケア、スマートホーム・デバイスで採用されていくと予想しており、例えば、ロボットに3Dセンサー技術が搭載されることで、オブジェクトのサイズやシェイプを認識することが可能になり、より高度なオペレーションができるようになると考えられています。


コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA