3Dセンサー標準搭載の2018年iPhoneのトライアル製造がQ2に開始

DIGITIMESが、Appleは2018年発売のiPhoneのトライアル製造を第二四半期の初め頃からスタートするという話を伝えています。

これは台湾のICデザインハウスからの情報となっています。

これは昨年2017年には、3Dセンサーの歩留まりの悪さにより製造に影響があったこともあり、今年はそれを避けるために早いタイミングになった模様です。

2018年に発売される新iPhone用のコンポーネントパーツ・オーダーに関しては、まだはっきりとした数字では出ていないものの、サプライチェーン各社は楽観的に考えていて、第二四半期には収益向上を予測しているそうです。

今年の新iPhone製品は、3Dセンサーが標準機能となり、5.85インチ/6.45インチのOLEDモデル、6.1インチのLCDモデルが出るとみられています。

参考:Digitimes Research:今年のiPhoneは5.8インチOLEDモデルを含む、3ラインナップに決定の可能性。5.8インチOLEDモデルは10%コストダウン。



タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA