5.7mmダイナミックドライバー搭載、AAC対応の「Beoplay E8 Black」が発売

バングアンドオルフセンが,トゥルーワイヤレスイヤホン「Beoplay E8 Black」を発売しています。32,896円です。

Beoplay E8 Black」は、NFMI/AACコーデック対応/リモコン・マイク付きのトゥルーワイヤレスイヤホンです。


BANG & OLUFSENのエンジニアがチューニングした独自設計の5.7mmダイナミックドライバーを搭載しており、聴いていて疲労感のないオールラウンドなサウンドテイストとなっています。


装着した際の着け心地やフィット感を追求し、人間の耳の形やカーブの研究を重ねデザインされた、4サイズのシリコンイヤーチップに加え、MサイズのComply Sportイヤーピースが付属しています。

NFMI (Near-Field Magnetic Induction / 近距離磁界誘導) ペアリング技術を搭載し、ペアリング中のドロップアウトの最小限化、安定した接続性も特徴となっています。

iOSアプリ「Beoplay – B&O PLAY」から、ネーム/カラーのパーソナライズ、トーンタッチ・プリセットの変更などを行うことができます。

関連記事「Bang & Olufsen初のトゥルー・ワイアレス・イヤホン「Beoplay E8」が11/22に国内発売 – PALMFAN



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA