RAW/HDR取り込みなど、多数の機能が追加された「Affinity Photo for iPad」バージョン1.6.7がリリース。ブラシパック、マクロパックがリリース記念で無料。

iPad用の「Affinity Photo – Serif Labs」のバージョン1.6.7がリリースされています。新規ライセンスは2,400円です。

「Affinity Photo – Serif Labs」は、「2017 App of the Year」にも選出された、iPad用の写真編集ツールです。
「Best of 2015」受賞歴のある、macOS用プロフェッショナル仕様の写真編集アプリ「Affinity Photo」のiPadバージョンとなり、事実上同じ機能を備えています。

各種機能はプロフェッショナル向けにデザインされており、すべてのツール/パネル/コントロールはタッチ操作で行います。


Apple Pencil対応で、筆圧、チルト、角度の精度をフルに活用することができます。

レンダリング、調整、ブラシ、フィルタは、Metalハードウェアアクセラレーションに対応しています。

最新版のバージョン1.6.7では、以下の機能追加、修正が行われています。

・ロケーションの上書き機能の追加
・RAW/HDR画像をダイレクトに読み込む機能の追加
・RAW処理でシャドウ/ハイライト/透明感のアルゴリズムの強化
・自分のフォントを取り込む機能の追加

この他、数多くの新規機能の追加とバグフィクスが行われています。

なお、このバージョン1.6.7リリースを記念して、ブラシ・パック2種類、フィルターのマクロ・パックの追加アイテムが期間限定、無料で配布されています。



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA