Appleが、より高性能でスペース節約にもなるフレキシブル・サーキットボードをMacBookとApple Watchに採用するとの見方

9to5macが、KGI Securitiesアナリスト Ming-Chi Kuo氏の話として、新しいフレキシブル・サーキットボードを他の製品への実装を製造元と取り組んでいるという話を伝えています。


KGI: Apple to adopt faster circuit board tech across Apple Watch & Mac lineups in 2018 | 9to5Mac

Appleは現在、iPhone 8/iPhone Xでリキッド・クリスタル・ポリマーからなる、新しいフレキシブル・サーキットボードを採用しています。

フレキシブル・サーキットボードは、アンテナ、TrueDepthカメラなどで採用されており、このLCP FPCB技術は高速で低遅延のデータ転送を実現しています。

Ming-Chi Kuo氏の見方では、Appleと製造メーカーは、この技術をMacBookラインナップにも取り入れるために開発をしており、これにより、内部スペースが確保され、USB 3.2や他のインターフェイスを搭載することができるようになるというものです。

また、LCP FPCB技術は、より安定した高周波信号伝送と熱や湿気への耐性が高いことから、Apple Watchにも採用されると見られています。

このLCP FPCBの設計と製造は、非常に高度なもので、他のメーカーが同じ技術を提供するのは2019年となりそうで、Appleは1年先駆けて製品に搭載することになるとしています。


タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA