Appleが有機ELディスプレイ製造装置を調達、台湾にR&D拠点を設置か

Digitimesが、Appleが有機ELディスプレイの製造に使用するCVDマシンを、韓国のSunic Systemから購入したという情報を伝えています。


Apple sets up OLED panel R&D line in Taiwan, says report

この情報は、韓国のET News reportによるもので、このCVDマシンは台湾で2.5世代のOLEDパネルの生産に使われるとされています。

この動きは、OLEDの供給元であるSamsung Electronicsからの調達量を下げるとともに、差別化を図る狙いもあるようです。

現在、OLED製造に使われるCVDマシンの大部分は、日本のキヤノントッキが供給しており、Samsung Electronicsは2017年に5セット導入し、さらに2018年にも5台以上を導入する契約を交わしているようです。

このほか、LG Displayも2セットのCVDマシンをキヤノントッキから購入しており、製造されたOLEDパネルはXiaomi TechnologyとGoogleに供給予定で、中国ベースのBOE Technologyも同社からCVDマシンを購入しています。

記事では、今回、AppleがSunic SystemからCVDマシンを購入していることで、キヤノントッキの支配的ポジションに変化が見られる可能性を指摘しています。


OLED iPhone 8コンセプト:Slick New iPhone 8 Concept Portrays iOS Dark Mode on an OLED Display


タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA