Apple,iPhone 7発売前の四半期に製造を抑える動き。2017 iPhoneにはAMOLEDグラス・スクリーン搭載か。

AppleInsiderなどが,AppleはiPhone 7発売前の四半期の過剰生産を抑えようとしているとのアナリスト予想を伝えています。

Apple working to reduce excess inventory ahead of ‘iPhone 7,’ Brean Capital says


これはBrean Capital LLCのアナリスト,Ananda Baruah氏,Shenlun Wang氏がソースで,6月から9月の四半期のiPhone在庫は4000万ユニットと見込んでおり,この数字はWall Streetの予想の4200万台を下回る数字です。


なお,iPhone 7発売後は2016年末まで成長ポジションに戻ると見ており,また,2017年に発売されるiPhoneでは”フォーム・ファクターを飛び越える”新しい製品になり,6月〜7月近辺で発売される可能性があると見ているようです。

2017年のiPhoneでは,エッジに回り込むAMOLEDグラス・スクリーン自体にTouch IDやFaceTimeカメラが統合されることになると予測されています。

Tags:

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA