Appleが次世代の充電インターフェイスをリデザインしており、iPhone 2019年モデルはUSB Type-Cコネクタ搭載の可能性

DIGITIMESが、2019年のiPhoneモデルにはUSB Type-C対応となるという話を伝えています。

これはアナログICベンダーからの情報です。
現在、Appleは次世代のiPhone/iPadの充電と関係するインターフェイスのリデザインを行っていて、2019年モデルのiPhoneからUSB Type-Cコネクタになるという話です。

なお、同じような予測憶測の中には、2018年モデルにUSB Type-Cが搭載されるのではという見方もありますが、開発状況としてはリデザイン・フェイズにあり、今年発売されるiPhoneには搭載することはできないとしています。

MFi認証のあるLightningコネクタ/ケーブル製品は開発コストが高く、販売価格も高いので、取り扱っているメーカー、ユーザーには気になるところ。
ただ、USB Type-Cコネクタになれば、ケーブルも充電も選択肢が広がるので嬉しいです。今までにLightningケーブル関連に費やした帰ってこないけれど、、、。



タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA