Apple、2018年のOLED iPhoneの販売数を最大1億台と想定

DIGITIMESが、Appleは引き続き、OLEDの価格を下げる交渉を行っているという市場関係者からの情報を伝えています。

iPhone Xの出荷台数が低迷している原因には、その価格(日本向けは税別112,800円から)にあり、iPhone Xの総製造コストの1/3を占めているOLEDディスプレイの値下げ交渉については驚くものではないと受け止められています。

Appleは、OLEDディスプレイを製造しているSamsung Displayに対して、1ユニット価格を100ドルにするように交渉を行っているそうです。2017年の購入価格は110ドルでした。

Appleは2018年には、Samsung Displayから最大で1億ユニットのOLEDパネルを購入する計画で、そのうちの2500万ユニットはiPhone X、残りの7500万ユニットは次世代のOLED搭載製品に割り当てられる予定です。
この中には5.8インチモデル、6.5インチモデルが含まれています。

昨年2017年にAppleが購入したOLEDパネルは5000万ユニットだったため、今年はその2倍の販売数を想定しているということになります。



タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA