「Apple Watch 3は今年後半にスケジュールされている」との見方

Digitimesが、Compal Electronicsが新たにApple Watchのサプライチェーンに仲間入りする、という記事の中で、新しいApple Watchは今年後半に予定されていると伝えています。


Compal reportedly enters Apple Watch supply chain

現在、Apple WatchのオーダーはQuanta Computerが仕切っていますが、次世代のApple Watchは今年後半にスケジュールされており、この製造に関しては、これまでと同様、台湾のODMが製造を手がける予定ですが、現在の第二世代のApple Watchは部分的にCompalが請け負う形になるとしています。

Compalは、最近、Apple Watch製造のためにスマート・デバイス製造設備を重慶市の工場に移設しており、これはノートブックの注文の減少を補う形になると見ています。

Compalは現在、ノートブックODMとしては世界第二位の位置にいますが、ここ数年はノートブック以外の製造に力を入れており、2016年にはウェラブル、IoT製品を500万ユニットを出荷しています。
今年2017年には1000万ユニットを超えると予測され、これにはApple Watchが大きく貢献するだろうと予測しています。



タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA