Appleが最大2.7億ユニットのフラットパネル購入を計画。このうち、iPhone x後継機種用のOLEDパネルは1.3億ユニット。

DIGITIMESが、Appleは2018年度に調達するフラットパネルを2.5〜2.7億ユニットと予測しているという話を伝えています。

これは台湾の市場関係者からの情報です。

Appleは、2018年にOLEDパネルを1.1〜1.3億ユニットを購入する予定で、このうちの7000〜8000万ユニットはiPhone Xと同じサイズのアップグレード版を含んでいます。

また、この秋発売予定の新しいiPhoneモデル用に6.1インチのオールスクリーンLTPSパネルを6000〜7000万ユニット、4インチ/4.7インチ/5.5インチサイズのLTPSパネルを6000〜7000万ユニット注文する予定です。

IHS Markitによると、Samsung Displayは引き続きOLEDを供給する予定ですが、LG Displayは新しい6.5インチのOLEDモデルへの供給を目指しています。

LTPSパネルのメインサプライヤーは、Japan Display, Sharp、LG Displayとなるとされています。

CES2015で展示されたLGの薄型OLEDパネル

Source:DIGITIMES


タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA