TCLコミュニケーションの「BlackBerry KEY2日本国内モデル」、今夏発売

TCLコミュニケーションの正規代理店、株式会社FOXが,「BlackBerry KEY2日本国内モデル」を今夏発売するとアナウンスしています。価格は79,800円から。

BlackBerry KEY2日本国内モデル」は、Android(TM)OS Oreo 8.1ベースのスマートフォンで、Qualcomm(R)Snapdragon(TM)SD660 OCTA-COREプロセッサー、1620 x 1080 ピクセル(4.5インチ)ディスプレイと、ハードウェアキーボードなどを搭載し、BlackBerry(R)HubやBBMなどの高生産性アプリや高セキュリティ性を継承しながら、Google Play Store上の100万種類以上のアプリを使用可能です。


世界で唯一のバンド18対応モデルとなっており、au SIMを含む、国内初の3大キャリア(au、docomo、SoftBank)SIMの利用が可能となっています。

3500mAhバッテリーを搭載、Quick Charge 4.0対応のUSB Type-Cポートでは36分で50%の高速充電が可能です。


ラインナップはシルバーとブラックの2カラー。
シルバーは内部メモリが64GBフラッシュメモリー、デュアルSIM/デュアルスタンバイ機能を備えています。なお、外部メモリmicro SDとの併用には対応していません。
ブラックは、内部メモリが128GBフラッシュメモリー、シングルSIMの仕様となっています。
価格はシルバーが79,800円、ブラックが89,800円です。

KEY2のキャリアアグリゲーションは、3CC CA、2CC CAに対応(一部未対応SIMもあり)しており、3CC CAの場合には、下り最大225Mbps(理論値)、2CC CAの場合には下り最大150Mbps(理論値)の通信が可能です。

また、文字入力変換アプリ「Simeji」の機能が、KEY2に最適化された状態でプリインストールされています。



コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA