Flurry Analytics:2017クリスマスウィークの勝者はApple。スマートフォン/タブレットの44%を占め「引き続き支配的ポジションにいる」

Flurry Analyticsが、クリスマス週における、ワールドワイドのスマートフォン/タブレット販売では、Appleは引き続き、支配的なポジションにいると伝えています。

Apple Wins 2017 Smartphone Holiday Season | Flurry Blog

2017年のクリスマスウィークの市場動向

Flurry Analyticsが公開した、販売データは12/19から12/25までのもので、アメリカだけでなく全世界でアクティベートされたスマートフォン/タブレットの数を集計したものです。

Apple製品は全体の44%。
昨年同様、トップポジションにあり、2位のSamsungの26%を大きく引き離しています。

3位以下のHuawei, Xiaomi, Motorola, LG, Oppo, Vivoはそれぞれ5%〜2%。
いずれもSamsungデバイスに替わる、安価なAndroid OSデバイスを製造しています。
Vivoは初めてのランクインとなり、これは中国やインド市場での成長が要因のようです。

Vivo V7+

GoogleはPixel 2を発売しているものの、ランク外となり、ユーザーは興味を抱いていないとしています。

Google Pixel 2

アクティベートされたApple製品の内訳と人気傾向

このクリスマス期間中にアクティベートされたApple製品の内訳は以下のようになっています。

iPhone 8, 8 Plus, iPhone Xは強い需要を見せているものの、昨年発売されたiPhone 7シリーズだけでなく、その前のモデルであるiPhone 6シリーズの販売も引き続き好調な様子がわかります。

これは旧モデルが安価になっていること、アメリカ国外での販売が好調であることが要因となっています。

2017年春に特定の地域で再発された、iPhone 6の14.9%という数字は、とりわけ興味深いもので、コンシューマーにとっては価格が重要な意味を持ち、地域によってはもっとも手頃な製品となっているとしています。

2017年はファブレットサイズが好まれている

また、全体の傾向として、5~6.9インチのファブレットサイズが53%となっており、3.5~4.9インチのミディアムサイズのスマートフォン製品よりも販売数が多くなっています。

フルサイズタブレットは2015年以降、大きな変化は無く、今年も8%を維持していますが、スモールサイズのタブレットは4%に減少(2016年は8%)、ミディアムサイズのスマートフォンも35%に減少(2016年は45%)しており、その分、ファブレットサイズの数字が伸びています。


コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA