iPhone 8:「ディスプレイ一体型のTouch IDの歩留まりが悪い」とアナリストが指摘。Touch IDをやめるか、製造を遅らせる可能性もあり。

AppleInsiderが、Cowen and Companyのアナリスト Timothy Arcuri氏のリサーチノートでは、AppleはiPhone 8に搭載予定のディスプレイ一体型Touch IDの歩留まりが悪い、と指摘されていることを伝えています。


Introducing iPhone 8 | Ultra Thin (2017)」(iPhone 8コンセプト動画)

5.8インチのOLEDディスプレイを搭載し、新たにリエンジニアリングされたTouch IDを統合する予定のiPhone 8ですが、このディスプレイ一体型の指紋認証のパーツを製造するAuthenTecでは歩留まりが非常に悪く、しかし、Appleは他のベンダーから調達しようとはしていないようだとしています。

もし、アップルがこの問題を解決できない場合には、以下の三つの可能性が考えられると推測しています。

・Touch IDを諦め、顔認証に切り替える。
・Touch IDを背面に移動する。
・製造を遅らせる。しかし、アナウンスはiPhone 7sシリーズと同時に行う。

なお、今年2017年はiPhoneの発売10周年のため、特別なアニバーサリーモデルとして「iPhone 8」が発売されると噂されています。

これまでのiPhone 8情報では、ベゼルレスの5.8インチのOLEDディスプレイ搭載、指紋認証のTouch IDをディスプレイと統合、顔認証機能の搭載などの話や、AppleがSamsung Electronicsに7000万ユニットのOLEDパネルを発注したとの記事も出ています。

なお、各機能やデザインについては、複数のプロトタイプが存在する可能性があり、噂のある機能全てがiPhone 8で採用されるかどうかは不透明です。



タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA