KGI:「Face IDコンポーネントが安定供給に達した」模様

9to5macが、Ming-Chi Kuo氏によると、Face IDに必要なパーツの製造が安定してきたと考えていることを伝えています。

KGI: Supply of key Face ID components ‘now stable,’ no major TrueDepth camera updates coming in 2018

KGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏の最新レポートでは、iPhone Xの顔認証システム「Face ID」に採用されている、ドット・プロジェクターと赤外線カメラの供給は安定してきていると見ています。
今後はTrueDepthカメラの大きなスペック変更もないだろうとしています。

Face IDについては、2018年のiPhone全製品(iPad Proにも搭載の可能性あり)にTouch IDをリプレイスする形で採用されるとの予測もあります。

なお、他の予測の中には、2018年のiPhoneには、ガラスとプラスティックの新しいハイブリッドレンズが採用されるのでは、との予測もありますが、その場合には2018年モデル製品をオンタイムに投入できなくなるとして否定的な見方をしています。


タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA