KGI:iPhone 8の製造は10〜11月にずれ込む可能性

9to5macが、KGIアナリストの話として、iPhone 8の製造開始が10〜11月にずれ込むとの予想を伝えています。


KGI: iPhone 8 mass production delayed to October/November as major component upgrades cause supply bottlenecks

KGIのアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、OLED搭載のiPhone 8に関して、Appleがカスタムオーダーした最新のコンポーネントの製造が難しいためで、この結果、2017年の販売に影響が出る可能性も指摘しています。

当初、このiPhone 8は8〜9月に製造開始となる予定でした。
なお、iPhone 7sシリーズに関しては、通常通りのスケジュールで動いているようです。

iPhone 8については、OLED内部にTouch IDを収める新しいアプローチが行われたものの、パーツの歩留まりが悪く、計画の見直しを余儀なくされているとの話も出てきています。

また、リークされている設計図ではTouch IDを背面に移動しているものもあり、これが本当であれば内部基盤やパーツ配置のリデザインも必要になってくると思われます。


iPhone 8 looks to be taking a new direction@Sonny Dickson



タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA