MacBookのバタフライキーボードの不具合に対応するキーボード修理プログラム開始。Change.orgでは「同じ不具合のキーボードに交換されるだけ」という声も。

Appleが、バタフライ・キーボードを搭載しているMacBook/MacBook Proを対象に「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム – Apple サポート」の提供を開始しています。

対象となるモデルは以下のモデルです。

MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
MacBook Pro (15-­inch, 2016)
MacBook Pro (15-­inch, 2017)

手持ちのMacが対象かどうかは、Apple () メニュー >「この Mac について」から確認することができます。

無償修理を行うには、上記のモデルに以下の現象が確認された場合に適用され、キーボードの一部、または、キーボード全体の交換が行われるとしています。

・文字が勝手に反復入力される
・文字が表示されない
・押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

なお、今回の「キーボード修理プログラム」の後押しにもなったと思われる、Change.orgで3万人以上の賛同者を集めている「キャンペーン · Apple: Apple: Recall MacBook Pro w/ Defective Keyboard, Replace with DIFFERENT Working Keyboard · Change.org」の発起人は、Appleは未だにバタフライキーボードの欠陥を認めておらず、今回のキーボード修理プログラムでは、修理したとしても同じ欠陥のあるキーボードにリプレイスされるだけで、根本的な解決にはなっていないため、再び同じ現象が起こる可能性がある。返金のみがフェアな解決方法だ、と主張しています。

キャンペーンについてのお知らせ · Apple’s Service Program Fails to Solve Keyboard Problem, Full Refund Only Fair Solution · Change.org



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA