Ming-Chi Kuo氏、iPhone XR減産は年間30%と予測

MacRumorsが、アナリスト Ming-Chi Kuo氏がiPhone XRの減産規模は、この一年で3000万ユニットと予測していることを伝えています。

すでに他の予測/観測筋でも報じられているように、AppleはiPhone XRを減産する方向で製造メーカーと調整しているようです。

Kuo氏の最新のリサーチノートでは、このiPhone XR減産の理由を、

1)特に中国市場において、貿易戦争のネガティブ・インパクトがコンシューマーに影響
2)多くのユーザーは、もっと手頃な価格のiPhone XR、あるいは、デュアルカメラ+ナローベゼル・デザインで現在の価格帯の製品を欲しがっている
3)Huawei Mate 20という競合製品

としていて、減産の結果、iPhone XRの出荷台数は1億ユニットから7000万ユニットになると予測しています。
この数字はプロダクト・ライフサイクル(4Q18–3Q19)の出荷台数です。



Tags:

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA