Other Interests(初代iPadは元気です/香港の転売屋/Xは今じゃなくても説/フレッツ光/副流煙)

WALTR 2で、初代iPadをまだまだ使うぜ

Steve JobsがiPadを発表したプレゼンでソファに座って、iPadでブラウジングしている様子をまだ鮮明に覚えているんですが、もうすでに7年前になるんですなあ。

そんな初代iPadは、なんだか買取価格が低すぎて、売る気になれない状態のまま。
今のiPadよりは大きいし厚みがあるのですが、アルミニウムの縁の処理とかはApple製品らしくて好きなデザインだし、数千円で売ってしまう気にはなれなかったんですよね。

なので、ここ4〜5年はベッドサイドに設置して、寝る前にガキ使のムービーを再生するだけの動画プレーヤーとして使ってます。

今までは、動画ファイル自体はMac Proに入れておいて、Air Videoサーバーとクライアントで視聴していたのですが、メディアサーバーはMac ProからNASの「DS216j」に移行したので、初代iPadももう使えなくなります。

何しろ、iOSアプリのインストールもできない(2段階認証のウインドウが出ない)ので、難しいなあ、と。
「Air Video」、今までありがとう。

対案としては、ちょうど今は「Fireタブレット – 最大6,900円OFF」で、「Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB」なら3,780円とかいう、ありえない値段なので、まあ、リプレイスしてもいいのかも、と思っていました。

でも、iPadそのものはハードウェア的に問題があるわけでもなく、インターフェイスが古いとか、現行と比べると大きいとか、動きがもっさりしてるとか、その程度のものなので、なんとか使えないかなあと思い模索。

そういえば、この前セールで買った「WALTR 2」(※30%オフセールはまだやってるみたいですね。本家セールは終了。)は、なんでも昔のiPodとかにもファイルを送れるという話を聞いたことがあって、まあそれは便利だね的な感じで流していたんですが、じゃあ、初代iPadでもいけるんじゃなかろうかと試してみると、普通に動画をWi-Fiで送れて、純正の「ビデオ」アプリで見れました。

もちろん、以前書いたように一回有線接続しないとWi-Fiでは送れませんが、それさえ済めば、あとはMacBookから送信して、初代iPad側で受け取るだけ。
保存容量はiPadの空き容量によるんですけど、使わないアプリを削除してみると30GB程度空きがあったので、よく見る動画を入れておくには十分な容量。

ということで、またしばらくは初代iPadを使えることになりました。
めでたしめでたし。



iPhone X、アップルストアの近くですぐに転売スタート

転売屋は前からいたんだろうけど、こうやって路上でiPhone Xと現金が山積みになっているのを見ると、なんかスゴイ感じです。



iPhone Xはクールだが、いま買わなくてもいい:『WIRED』US版レヴュー

という感想を述べている方もいる、ということで。
熱い、というインプレッションもよく見かけますね。
まあ、仕事に直結していなければ、欲しくなった時が買い時でいいと思います。



夜になると激遅になるフレッツ光問題、当面解決しないことが明らかに

しばらくは他の接続サービスを選択した方がいいかもですな。



「臭くて煙くてしんどい」自民党両院議員総会は「喫煙可」…他の党の状況は?

自分の吐く煙が、他人を傷つけているということ、副流煙で病気になった人の治療費を国が負担することになるということは政治家として認めないといけないと思うんですけどね。



コメントが4 あります

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA