Other Interests(MBP2016バッテリーの保ち、イヤホン事情、スイッチバラし動画、アルファロメオSUV、JASRAC)

昨日のMacBook Pro 2016のバッテリーの保ちは結構使って6時間。

MacBook Pro 2016(13インチ、Touch Barモデル)のバッテリーですが、昨日の使い方だと約6時間くらい作業できました。
バッテリーの残りが10%になると、このアラートが出ます。




昨日の使用状況は大体以下の感じでした。

  • Webサーフィンに4時間
  • テキスト入力に2時間
  • iTunes再生、または、別の音楽再生が4時間
  • Netflix再生で2時間

iTunesやNetflixを流しながら作業していたので、ちょっと短いですかね。
このへんが無ければ、あと2時間くらい作業できそうな感じなので、これを合計すると8時間くらいかな?
公称は最大10時間ですが、まあこんなものでしょう。
MacBook Pro 2016は、USB-Cで充電できるので、モバイルバッテリーで作業時間を伸ばすことができるのもだいぶ心強いです。



Lightningイヤホンもそろそろいいかな?

MFi認証取得済みのLightningイヤホンって、今では結構選択肢あるんですねい。音質的な評判は総じて良いのですが、高いものが良いのは当たり前として、
iOS連動ロスレス型イヤホン「New Bee NB-L1」っていうのだと4,000円ちょっとでトライはしやすいな、とピク付いております、、。




今はジム用にはBluetoothイヤホン「SoundPEATS Q12」、外でのMacBook Pro作業の時にはソニーのノイズキャンセリングイヤホン「MDR-NC33」を使っていますが、後者はそろそろ買い替えどきのタイミング。
まあ、数年前から、買い替えどきに来ていたんだけど、そこそこ使えるのでそのままになっています。
結構な長い間愛用しているソニーのノイズキャンセリングイヤホンも機能的には悪くなくて、同じソニーの新型に買い換えるのも良いかなーとも思うんですよね。
「MDR-NC33」は乾電池交換が面倒なのですが、今だと充電式もあって、そうなると「MDR-EX31BN」あたりでしょうか。




これはワイアレスでありながらノイズキャンセリングなイヤホンです。
進化してるなー。
と見てみると、最近はWalkman専用のノイズキャンセリング・イヤホンもあるんですね。こちらの方が安いのか、、、。むむー、Walkmanいいなー。



Nitendo Switchのバラシ@iFixit



iPhoneとかと違ってネジがあるのでバラしやすそう。
今のトレンドらしく、グルー固定はSwitchも結構な割合で使われている様子ですが、内部構造や基盤は日本の製品だなーという感じです。



【ジュネーブモーターショー2017】アルファロメオ初のSUV、ステルヴィオ…クリーンディーゼル初公開予定
Alfaromeo USA | Stelvio

ジュリアベースのSUV。
SUVにしては、ちょっと繊細なデザインにも見えるけど、アルファロメオは実物を目の当たりにすると、ちょっと違った印象を持ったりすることも多いので、その方向なのかな。
2.2リッター、20.8km/リットルの燃費は実用範囲。
アメ車とかだと4リッターとか平気であるから、毎年自動車税の季節になると、なかなかヘビーな金額が来ることも覚悟しなきゃいけないけど、SUVで2.2だったら許せるんじゃないでしょか。アメ車が売れないのは、こういうところにも原因があるんだよな。





音楽教室の演奏、曲味わうため? JASRACに猛反発

有料じゃないと全部は読めないけど、今回の件に関しての記事は朝日新聞はよく掘り下げているなあ。ちょっと見直しました。

2003年にヤマハと協議を開始したけど、反発されたため、カルチャーセンターなどの徴収を開始して外堀を埋めて今回に至る、と。
やはり、「他からももらってるんだからさ」というような公平性を理由にして、徴収しようとしてるということになります。
教室といえども教育の一環だし、規模が大きい小さいは関係ないという主張が正しいと思うな。
このままだと、いずれは個人運営の規模の小さな音楽教室も対象になるでしょうね。これのどこが音楽の普及に貢献しているのか皆目理解できないです。



コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA