Other Interests(WBCオランダ戦、Incaseの新作スリングパック、Diesel Onを見てきた、SoundCloud)

WBC、二次リーグ突入。

WBC 2次リーグのオランダ戦。
長い試合で、しかも、もう紙一重の連続で痺れたなあ。でも、勝ってよかった。

オランダ戦は中田大活躍。
筒香がいいところなかったけど、オランダも研究してきたんでしょう。
強いチームは日替わりで活躍する選手が変わるものなので、これもいい流れだと思います。

そして、この時期に真剣勝負の野球が見れるのは嬉しいです。
次のキューバも強い相手だけど、引き続き頑張っていただきたいです。




MBP13インチ対応のIncaseスリングパックが出た模様。

incaseに、MacBook Pro 13インチまで対応の「Sling Pack – Diamond Wire」が出ていて、ちょいピクしております。

今まで、スリングパックシリーズはMacBook Air 11インチまでの対応となっていたので、内寸を変更したバージョンですかね?

外観もDiamond Wire素材で精悍な印象。

今のところ、本家サイトでも「Out of Stock」なので、これから発売でしょう。
価格は129.95ドル。120円換算だと15,600円ですね。
日本でも取り扱いして欲しいな。



「Diesel On」を店頭で見たインプレッション。

Dieselのウェラブル「Diesel On」、実物を見てきました。

Dieselストアには、先月終わりころに入荷とのこと。

発表だけが先行していて、店頭での取り扱いは最近のようです。
店頭にあったのは、ブラックの「DZT1000」「DA1203」「DA1200」の3種類だけで、この辺は店舗によって異なる様子。
フラッグシップだと品揃えも多いのかもしれません。

ぱっと見は、どの製品もウェラブルっぽい感じはほぼ無くて、特に腕時計タイプのhybridの「DZT1000」は実際に針が動かないと違いもわからないくらいでした。

ブレスレットタイプのTRACKERも、Dieselの他のアクセサリー製品との違いはあまり感じませんが、「DA1203」「DA1200」は真ん中のケースがやや大きめのアクセントになっていて、何かしらの機能がありそうな感じに見えます。

ケース裏はコインなどで開けて、バッテリー交換を行うことができるようになっていました。

レザーは厚みのあるしっかりした素材で、普通の腕時計との合わせ技でつけるのも良さそうです。

他のウェラブルデバイスのようなガジェット感がほぼ無いので、普通のカジュアルな服装でも違和感は無いと思います。

逆にガジェット感が欲しい場合には、他の製品を選ぶ方がいいと思います。

また、フィットネスとかスポーツの時に装着する使い方はレザーが早く痛みそうなので、やめた方が良さそうでした。
普通のアクセサリーにプラスアルファの機能があるというくらいに考えるのが吉っぽいです。



SoundCloud needs more money, or it may sell at a fire-sale price

約一年前にサービス開始された、1億2500万曲を配信するサブスクリプションのストリーミング・サービス「SoundCloud Go」がうまくいかず、資金面での苦境が伝えられているSoundCloud。

スポークスマンが正式に発表しているのは、投資家と戦略的パートナーと話している、ということですが、別のソースからはSpotifyやGoogleなどとも買収案件をオファーしているようです。

ただ、現状、希望の金額では買い手が見つからず、かなり安くなるかもしれないとのこと。

SoundCloud自体は音楽家にとって貴重なフィールドとしても機能しているので、残って欲しいのですよね。

ストリーミング・サービス「SoundCloud Go+」は日本ではまだサービス開始になっていなくて、日本からアクセスする限り、前のSoundCloudと同じに見えるのですが、USだと少しずつバリューも印象も変化してきているのかもなあ。



コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA