Other Interests(花粉と確定申告/NIKEセール/Gibson/ダークウェブ/仮想通貨)

花粉と確定申告

2月になると花粉と確定申告のシーズン・イズ・カミング。



今年は早くやろう。今年は早くやろう。

2回言ってみたので、多分早くできます。
そして、できると信じて疑わずに一回忘れてみよう(小声)。

そして、今日はネタも少ない。まあ、こんな日もありますか、、、。



NIKEセール中。

NIKE.COMがクリアランスセール中。

2/26までです。
そういえば、前に自分用で買ったんですが、やや小さめだったので交換してもらいました。
サイズは普段と同じにしたんですけどね。
履いたことのない種類の場合には、サイズ感はチェックした方が良いかと思われます。



Gibson ‘running out of time – rapidly’ | Nashville Post

Gibson Brands, Inc.が、かなりの巨額の支払い期限が迫っていることを先週アナウンス。

10億ドルの収益があるギブソンですが、ノーマルな財政事情からはかけ離れていて、退職したCFO Bill Lawrence氏への3.75億ドルの支払い期日は6ヶ月後、他に1.45億ドルの銀行ローンがあるとか。こちらは7/23が期日みたいです。
CEO Henry Juszkiewicz氏は、「最後の日が来るまで、誰かがコントロールしなければならない。」という結構シビアな感じの書き出しで、いろんな方法で財政の健全化を行っていくとのこと。

ちなみにCFO Bill Lawrence氏は、ギターメーカーのBill Lawrence(及び、その創業者)とは無関係な方のようです。



流出NEM 交換応じた複数の邦人男性聴取|日テレNEWS24

ダークウェブでNEMが交換。
盗まれたNEMの換金をできなくするとか、犯人特定とかは、もう難しくなったかも。
任意で事情聴取を行なったことを公表したのは、抑止力を期待してのことなんだろうけど、本人特定できない場合の方が多いだろうしなあ。




仮想通貨とブロックチェーン、そしてICOの狂乱に思うこと:伊藤穰一|WIRED.jp

こういう思いで見ている人もいるんだなあという興味深い記事でした。

一般論として、「本来こういうものじゃなかった」というのは、いろんなタイミングで感じたりしますね。
それが良い時も悪い時も、ほとんどの人は「こうなるとは思わなかった」りします。

このpalmfan.comも、形を変えながら20年以上もやっているわけですが、ものすごい勢いがあった時、減速ムードの時、どちらの時も「こうなるとは思わなかった」感がありました。

その時に、当初の目的を顧みることも、なんで今のように変化したのかを考察することは両方とも大事だよなあと。

仮想通貨についても、やはり最初の思想としては違ったものだったのかもしれないけど、いろんな人が関わって、お金や時間のリソースを投入するなどの分岐点があって、その結果、今の状況があるんですよねえ。なので、元の構想とは違うので、ペッグ制を導入しますというのは、なかなか難しいんだろうなと思います。



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA