Other Interests(jamstik+はガジェットとして楽しむが吉/Apple Watch伊勢丹新宿店閉店)

スマートギター「jamstik+」をギター入門機に勧めるのは良くないと思う。ガジェオタならあり。

スマートフォンと組み合わせることができるMIDIコントローラー「ポータブルスマートギター jamstik+」。

多分、すでにギターを持っている人がガジェットとして遊ぶ分には面白いと思うんですよね。

DJ-meets-Guitarなエクスペリエンスを提供する「jamMix – Zivix LLC」も面白そう。
僕もちょっと遊んでみたいです。

でも、「ギター始めたいけど、続くかどうかわからない」という人が、チャレンジする最初の入り口としては、、、やめた方がいいと思うなあ。

これだったら、ちゃんとしたギター買った方がいいですよ。
いや、代理店さんには罪はないです。
面白いガジェットを販売してくれてありがとうという気持ちの方が強いです。マジで。

というのも、なんか、ギターエアプっぽい人たちが、ライトな感覚で簡単にお勧めしちゃってる記事が多いんですな。
それを見たビギナーが勘違いして買っちゃって、ギターそのものを嫌いになるのは残念で仕方ないわけです。

そもそも、本物の弦とフレットを使ってるから、本物と同じ体験や練習ができるなんて思わない方がいいです。

まず、小さすぎるボディは弾きにくくて、本物のギターとは手首の角度も力の入れ方も違うので、練習にはならない。
この辺りはZO-3とかを弾いたことがある人はわかるはず。

アンプとスピーカー内蔵で意外にいい音がする、zo-3。

そして、この手のサイズのギターはチューニングが、とてもとても甘くなります。
甘いという表現も甘すぎる。
はっきり言って、チューニングは普通のギターのようには合わないと思った方がいいです。
オープンで合わせれば、クローズドフォームが合わなくなる。あるいはその逆です。
こうなると、いくら練習しても綺麗なコードを奏でるのは難しく、音感も育たず、逆に「オレ、ギター向いてないな」と思う可能性の方が大きい。

本物のギターだけど、とても小さいボディのスタインバーガーとかでも同じ感覚はあるし、スタインバーガーですら、最初の入門楽器にはお勧めしません。

現行のスタインバーガー。オリジナルではEMGですけど、こちらはパッシブです。製造もアジア。フレットはステンレス。なのでピカピカ。

僕は腰痛療養時にスタインバーガーで練習してたけど、好んで弾こうとは思わないです。持ち運びには便利なサイズで、ちゃんとした楽器ですけど、サイズが一番、サウンドは期待しない部類(特に現行モデル)。あるいは音は腕でカバーする部類です。

なので、「jamstik+」は、すでにギターを持っている人向けの新しいガジェットとして楽しむのが、一番だと思います。マジで。

ところで、弦の張替えどうすんだろーと思って調べてみたら、なんと外すだけで7工程。張り替え完了までには12工程が必要でした。

jamstikの弦の張替えかた:Q: How to Replace Jamstik Strings – Help Center

ヘックスレンチも必要ですな。
まあ、フロイドローズ的な感じで考えればいいんですけどね。
とは言え、アームが使えるわけでもなし。

そして、弦は専用弦「Jamstik Strings」が用意されてました。ゲージは.10のみ、19.99ドル。

Q: What happens if a string breaks? – Help Center」によると、jamstikはチューニングも必要なくて、本物のギターと同じテンションをエミュレートするそうです。

でもさ、本物のギターって、アコギ?エレキ?
上の動画見るとチョーキングやビブラードしてるからエレキをエミュレートしてるってこと?ですが、本物のギターとは比べ物にならないくらいふにゃふにゃ感があるんですが、どんなもんでしょう。
これだけテンションが弱いのであれば、アコギっぽくオープンコード弾いたら、ぐにゃぐにゃだろうなあ。

ということで、こういうことです。マジで。



World’s last Apple Watch shop at Isetan Shinjuku closing May 13th | 9to5Mac

新宿のApple Watchショップが5月に閉店。
いやあ、逆によくここまで続いたなあ、と思いますねえ。
東京の伊勢丹新宿店が一番最後に閉店というのは、ある意味、世界一ということですから。200万円のApple Watchは、幾つ売れたのかな。



コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA