Other Interests(仕事始め/アナログ盤が前年比12%プラス/Apple緊急社内ミーティング/ポータブルゲーム機)

いろいろ始め

今日から仕事始めの方も多そうですね。

僕も今週から色々始まったり、再開したりするので、体調にも気をつけながらベストを尽くしたいなと思います。
まだ一月始まったばかりですが、ここ数年はうかうかしてるとすぐに夏。そして、年末。
もう、このスピードに慣れていくしかないかなあ。

歯痛の方ですが、歯医者に一回行ったら終わりということもなく、年明けの4日には根の治療の2回目。
翌日には痛みが出てきたので、噛み合わせ調整してもらいに行ったりして、まだまだスッキリはしません。
でも、昨日はようやく普通に炊いた白飯のカレーを普通の分量食べられるようになったので嬉しい限り。CoCo壱で大盛りとかは、まだ先の話です。

まあ、一月中は通わないとダメかなあ。。

とりあえず、2月末までの「手仕込豚ヒレ勝つカレー | カレーハウスCoCo壱番屋」は今年の目標の一つです。



Vinyl and cassette sales saw double digit growth last year – The Verge
BuzzAngle Music 2018 Year-End Report

アナログ盤の販売数は12%増の860万から970万に、カセットテープは19%増の99,400から118,200。

アナログ盤の66%は、Michael Jackson, The Beatles, Fleetwood Mac and Pink Floydの過去作品だそうです。

ただ、CDは前年比18.5%ダウンなので、全体的にはストリーミングに流れる傾向。
完全になくなるかと思ったアナログメディアですが、今後も残っていきそうですね。



iPhone売上不振でアップルが「緊急社内ミーティング」開催へ | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
iPhoneの販売落ち込みは、アップルと消費者の両方にとって「朗報」かもしれない|WIRED.jp

日本の3キャリアも今後は値下げする方向になるだろうし、そうなると本体値引きもしにくくなるし、となると、今まで通信量込みの2年契約でiPhone本体を買っていた人たちは買い控えが多くなりそう。

社内ミーティングといっても、何か問題があるか?何かアイディアがあるか?だけでは解決しないだろうし。

Jobsと比べるのもなんなのですが、Jobsの場合は最初に「こういう製品が欲しい」というイメージが明確で、なおかつ推進する力が強かったんですよね。
今のAppleには、その方向は難しくて、というか、世界中の誰もJobsの代わりにはなれないので、他の道を進むしかない。
突出した製品イメージを持つビジョナリストいなくて、頑なな信念だけが強く残った。
今のAppleはそういうイメージかなあ。

もう少し、ユーザーの声を聞いて、製品開発や戦略に反映していく割合を増やした方がいいと思います。



「DS」vs「PSP」熾烈な戦いの顛末 家庭用ゲーム機が斜陽の時代に差し掛かった事情【平成ゲーム30年史】

スマートフォンとアプリゲーの時代になってきてますが、まだまだポータブルゲーム機は続きそうですね。個人的にはSwithはタイトル次第なので、メガテン5が出たら考えようと思います。

スマホゲー全盛期に入っていそうですが、買い切りの安心感、完成度の高さは今でもポータブルゲーム機が上だと思います。
ただ、最初にハードを買わないといけないとか、新作ソフトが6000円以上するということを考えるとスマホゲーでいいじゃんという人も多いだろうなと。

スマホゲーはグラフィックは美しいし、ハードを買う必要もなく、アプリをインストールするだけで遊べるのですが、ガチャというシステムで利益を出しているところが多いので、これが今後どうなるかかなという部分もあります。

ガチャも「おみくじ」感覚で提供しているところと、より「賭博」に近いシステムのところとがあったりして、その怖さをわかった上で遊べる人だったらいいけど、わかっていない人にはリスク高いかなと。いや、わかっててもリスク高いかもなあ。



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA