Other Interests(DEVILMANが秀作っぽい/MoMAセール/鰻が不漁/VLC/プライム・ビデオの人気コンテンツ/痛くもかゆくも無いLP)

「DEVILMAN crybaby」

Netflixの「DEVILMAN crybaby」視聴スタート。

”過激な表現を抑えよう”というような無駄な意識を感じない作りで、予想以上に面白いです。
ちょっとメガテンぽい。
永井豪作品はそもそも地上波向けじゃ無い描写も多いので、Netflixという場はぴったりなんじゃ無いでしょうか。



MoMAでウィンターセール2

MoMA Storeでウィンターセール第二弾。
2/1午前11時まで、対象の商品が通常価格より30%~70%オフ。

MoMA パーペチュアル ウォールカレンダー」など、今年のカレンダーも対象。
赤はちょっと派手だけど、パープルならいいかも。

他の色もあるけど、少し南米の国旗っぽいカラーコンビネーションです。
ソールドアウトも多くなっているので、早めのチェックが吉です。



ウナギ、大不漁の恐れ 稚魚の漁獲量、前期の1%に低迷 – 共同通信

今年は国産の鰻は高騰しそうですねえ。
今のところ、養殖もシラスウナギが獲れないと成立しないんですよね。
早いところ、完全養殖が実現してほしいけど、なかなか稚魚に成長しないし、確率も低く、成長すると雄だけになっちゃうとか、解明しないといけない課題が山積らしいです。

まあ、食べる方は残念がっていればいいけど、商売としてやってる鰻屋さんは売るものが無いという状況にもなりかねないので大変だろうな、、、。



古いスマホを家庭内ポータブルテレビとして使う

VLC for Mobile – VideoLAN」って、ちょっと不安定なんですよねえ。無料のオープンソースアプリだから、しょうがないところあるんですけど。

接続してもフォルダが見えないこともよくあるし、ちょっと一時停止した後に復帰できずに起動し直したりしないといけなくて、もう少し安定しているアプリを探してたりします。



Amazonプライム・ビデオ、2017年の人気シリーズ、映画を発表 | ORICON NEWS

吉本コンテンツが最も視聴されていました。

だけど、ドキュメンタルはシーズン4が冒険的すぎた内容だったので、今年は仕切り直しになりそうだなあと思います。あの年末の時期は、タイミング的にCM露出が増えてファミリー層も増えていただろうし。
家族で食事しながら視聴してたら、いきなり排泄シーンとかは地獄絵図ですからね。

プライムビデオは、ファミリー層向けのコンテンツを充実して大衆路線を目指すのか、地上波ではタブーとされているような部分にも踏み込んでいく、エッジの効いたコンテンツを配信していくのか、どちらかを選択しなくてはいけないタイミングに来ているんじゃないでしょうか。
両方とも、ということなのであれば、PG指定/R指定した上でUI的に工夫しないと難しいだろうなと思います。



遺体動画で炎上のローガン・ポール「年収14億円」に与える打撃 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

結論から言えば、仮にYouTubeチャンネルが閉鎖されても、CM収入その他もあるから、彼にとっては痛くも無いだろうという話。
損害になるならないは別にして、ゲスいこともやったもの勝ち、という風潮を改めるためにも閉鎖が妥当だと思いますけどね。

今回の件をポジティブに考えてみると、こういう人がいることを日本で知らしめることになったことはいいことかなと思います。

このような差別が行動ベースになっている人(しかも、本人は意識してないこともある)は世界には少なからずいるし、日本人や日本にはいくら攻撃的なことをしても、反撃はしてこないし、常に意味なく微笑んでる、みたいな印象を持っている人も多い。
おそらく、個人的に日本人と付き合いのある人は、徐々にそういう印象は薄れていくものですが、日本人とパーソナルな接点が無い人はどういうところで印象を持つかというと、テレビやニュースでの日本の話題からという部分が大きいように思います。
過去の政治や外交政策の影響も少なからずなんだろうなあ。



コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA