このサイトについて

このサイトは,現在,「iPhoneなどの”パーム・サイズ”のスマートフォンや関連ガジェット,Macなどを中心とした情報ページ」として,情報を提供しています。
編集執筆および,デザイン(2008年以降)は,M.Hiroseが行っています。

2017年1月に一般公開した,こちらのWordPress版では,2014年7月以降の記事が掲載されています。1997〜2014年7月までの記事はレガシー・コンテンツに公開していきます。

Palm OS製品としてブレイクした,US Robotics製PalmPilot,薄型のPalm V,日本版m515。

アルファベットを一筆書きで認識させるGraffiti,サードパーティやユーザー・デベロッパーによるソフトウェアによって,機能が増えていくことも魅力だった。

 

PalmFan.comのはじまり

このサイトは1997年5月より運営を行っていた,Palm OS関連情報発信サイト「Pilot/PalmPilot Fan」をベースにして,1998年4月に改名しドメイン「PalmFan.com」を取得,同時にバナースポンサーシステムを導入して運営費をまかない,Palmデバイスユーザーによるユーザーのための情報共有サイトとしてスタートしました。

Palm OSとは

Palm OSは,Jeff Hawkinsが中心となり開発された,”Zen of Palm”思想に基づく,モバイル向けのユーザーインターフェイスや機能が特徴のモバイル用OSです。

このPalm OSを採用したPalmデバイス製品は,1990年代には世界各国でハンドヘルド市場を確立するに至りました。

多くのPalmデバイスが発売された最盛期

Palm OSデバイスの最盛期には,palmOne/Treo/CLIE/iQue/Dana/Kyocera 7135/Zodiac/Fossile Wrist PDAなど,国内海外で数々のPalm OS製品が発売。

同時に日本でも「Palm Magazine(アスキー)」などのPalm関連ムック本などが多数発刊されていました。

PalmFan.comでも関連ニュース,新着ソフトウェアの紹介記事などを,ほぼ毎日更新を行っていました。

日本市場では,ソニーのCLIEシリーズのPalm OSデバイス「CLIE」が発売。

Palm OSデバイス製品の普及に大きく貢献しました。

「CLIE」は,その当時ではまだ他社が出していなかった画面のハイレゾ化,日本語への対応,カメラ機能/音楽機能/電子辞書の充実を図り,デザインなどを改良しながら,5年の間に18機種を発売しながらも,2005年7月に生産終了となりました。

レガシーOSからwebOSへの戦略転換

この頃,ハンドヘルド・デバイス,モバイル・デバイス製品市場は,さまざまな技術革新を経て,iPhone,Androidスマートフォン,Blackberryなどの他社製品のシェアが増していきました。

Palm, Incは,オリジナルのPalm OSから,モダンなインターフェイスと機能を備えるwebOSへと切り替えを行い,ハードウェア・キーボードを備える「Pre」シリーズなどを投入しますが,2012年にPalm, IncがHPに買収。

スマートフォン「Pre」シリーズは継続発売されるものの,初のwebOSタブレット「TouchPad」が発売一ヶ月で開発終了となりました。

HPによるPalm, Inc買収,そして,LGへの売却

Hewlett-Packard社がPalm, Incを買収することを発表したのは2010年4/28。

当時のHPのMark V. Hurd CEOの発表では,スマートフォン製品だけでなく,将来的にHP製プリンターやその他の製品にもwebOSを搭載していく方針であり,両社にとって利益の大きい買収であることがアピールされていました。

hp-palm
hp-palm-merge-510×0
hp-acquisition-of-palm-1-638

しかし,その後,Mark V. Hurd CEOが個人的なトラブルで解任。

暫定CEOを経て,Léo Apotheker CEOとなったタイミングでHP社の戦略転換が行われました。

これには,webOS搭載ハードウェアの開発凍結(webOSソフトウェアは開発継続),他の部門ではPCノートブックを含むパソコン事業部の再構築などが含まれ,PC部門のスピンアウトと受け止めた株式市場では,HP社の株価が20%程度下がることもありました。

Apotheker CEOが退任し,Meg Whitman氏が新CEOになった後,再び,HPの戦略が変更。

最終的には,webOSソフトウェア自体の開発も凍結され,その後,webOS開発チームはLGに売却されました。

 

LGのスマートTV用のOSとして採用されるwebOS

2014年,LGは次世代スマートTVのOSとして,webOSを採用。

webOSチームはOSの開発強化を継続し,マルチプラットフォームの開発環境「Enyo」の開発も行われていましたが,webOS搭載のスマートフォン/タブレット製品が新たに開発発売される可能性は低くなりました。

 

 

 

そして,現在。

以上のようなモバイル市場の移り変わりを肌で感じていたPalmFan.comでは,この時代に対応するべく,2014年より「iPhoneなどの”パーム・サイズ”のスマートフォンや関連ガジェット,Macなどを中心とした情報ページ」として記事で扱うテーマへの転換を行いました。

同時にiPhoneなどのスマートフォン,iPadなどのタブレットといったモバイルOSでの表示に最適化したレスポンシブ・デザインを意識し,新しいテクノロジーを取り入れながらコードを追加するなどのデザイン変更を行いながら,2017年1月からはWordPressベースのサイトに転換し,情報提供を続けています。

 

 

運営者が今思うこと

今にして思えば,Palm Japanが日本市場から撤退した時,また,ソニーがCLIEの開発を終了した時(多くのPalm関連サイトが閉じることになりました),そして,HPからwebOS製品が発売される可能性が低くなった時,それぞれのタイミングで,PalmFan.comを終了する選択肢が存在しました。

しかし,読者の方々から頂いた,たくさんのメール。
ここがきっかけで知り合った多くの方々。
多方面に渡って大きなサポートを行ってくれた初期のPalm, Incチームの皆さん。
デモ機を送ってくれたTRG社,Palm, Inc,ソニーの「CLIE」担当者の皆さん。
そのほか,ここでは書き切れないほどのたくさんの支援者,コントリビューターの皆さん。

ここがきっかけで生まれた多くの仕事,そして,それらの仕事を一緒に成し遂げたパートナーの皆さん,それぞれの顔を思い浮かべたとき,PalmFan.comを終了する道を選ぶのは簡単ではありませんでした。

実際のところ,現在のスマートフォンOSにはPalm OSやwebOSが採用していたデザイン/UI言語,機能が色濃く残っていることからも解るとおり,モバイルデバイスの歴史の中でPalm OS製品が果たした役割は決して小さなものではありません。

 

screenshot-10%e6%9c%88-03-04-19-53

参考:「Six Clicks: Features introduced in webOS you are using today」(March 7, 2014)

海外でも日本でも,以前のPalmユーザーの多くはiPhoneやAndroidスマートフォンを使っていて,運営者である私自身もメインのモバイルデバイスとして,iPhone,iPad,Macを使っています。

しかし,この約20年を振り返ってみたとき,今のスマートフォン/タブレット市場は,PalmデバイスとPalm OSが無かったら,現在のような状況は生まれていなかったでしょう。

その陰には,機能を引き算していくことでユーザーの使い勝手を向上させるという,それまでとは逆の発想でアイディアを出し,開発を行い,さまざまなハードルに挑戦してクリアしようという姿勢を貫いていたPalm OS開発チーム,そして,後年ではwebOS開発チームの努力がありました。

そのことを考えたとき,その事実にリスペクトしながら,現代のモバイルデバイスの動向を伝える「PalmFan.com」というサイトを続けることは,Palm OS/webOSに関わったデベロッパーやユーザーに感謝の意を示す一つの方法になるのではないかと思うに至り,可能な限り更新を続けていこうと考えるようになりました。

Palmを愛しながら,その他のモバイルデバイスやガジェットを使う全ての人に。

2016年12月26日 月曜日

M.Hirose