Pebble Classicをタイムライン表示対応にする,ファームウェアv3.8へのアップデートの手順

オリジナルの「Pebble Classic」「Pebble Steel」でタイムライン表示(参考動画:Pebble Time: Timeline 101)を使えるようにする,ファームウェアv3.8へのアップデートについて,まとめておきます。


Pebbleサポートページ:「Updated Software for Classic Pebbles


「Pebble Classic」シリーズでは,iOS版「Pebble Smartwatch – Pebble Technology Corp.」(または,Android版)を使っているはずですが,そのままの状態ではOTAアップデートは行われず,v2.9.1が最新版となっています。


「Pebble Classic」シリーズでタイムライン表示対応にするためのアップデート手順は以下のようになります。

1)スマートフォン側に,最新版のiOSアプリ「Pebble Time – Pebble Technology Corp.」(またはAndroidアプリ「Pebble Time」)をインストール


2)現在,スマートフォン上で使っている「Pebble」アプリとの接続を解除

iOSユーザーの場合,アプリを削除し,Bluetoothのペアリングを解除する。
Pebble側:Settings > Bluetooth > your phone > Forget

iPhone側:Settings > Bluetooth > your Pebble > Forget (this device)



3)iPhone上でPebble Timeアプリを起動

4)Pebbleの種類を選択

最初のページで左にスクロールするとPebble Classicが出る。

5)Pebbleアカウントへのサインイン

6)Pebbleを充電する

新しいソフトウェアは2ステップ・アップデートで数分かかるので,アップデートをスムースに行うために充電することを推奨。

なお,現在,この「Pebble Time」アプリは英語版のみ対応,Pebbleのメニュー/通知に関しては,英語,ドイツ語,フランス語,スペイン語に対応しており,この他の言語(中国語,オランダ語)については今後対応予定としています。

また,ファームウェア v.3.0以上にアップデート後には,以前のバージョンに戻すことはできないため,注意が必要です。

コメントが1つあります

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA