Eインクディスプレイ内蔵のiPhoneケース「popSLATE 2」の会社が解散へ。出荷及び返金は行われない模様。

背面にEインクディスプレイを内蔵し、各種情報を表示しておくことができるiPhoneケース「popSLATE 2」の会社が解散手続きに入ったため、「popSLATE 2」は出荷されず、また、資金不足で返金は行えない、とアナウンスしています。


Critical Company Update

「popSLATE 2」は2016年3月31日に、予定額の1371%となる1,117,836ドルの資金を集めて成立していたクラウドファンディング企画です。

資金不足になった理由は複数挙げられていますが、主にケースの強度を考えて採用したグラスファイバー製コンポーネントが、その素材特性によってアンテナの感度が弱まり、電波が弱くなってしまったことでApple認証テストをパスすることができず、この対応を行うのにかなりの資金を費やしたことが大きかったようです。

いいアイディアでしたが、形にならなかったのは残念です。

クラウドファンディングの場合、出資する側も、このようなケースを想定しないといけないのですが、出資者は気持ち的には購入したつもりな人が多いと思うので、このようにプラン全部が頓挫し、商品も受け取れず、返金も行われないとなるとなかなかヘビーですね。

Pebbleのように自社を売却することで出資者に返金したところは良心的だったのかなと思います。

タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA