「SHIFTCAM 2.0 for iPhone 7/8 Plus」ハンズオン&1stインプレッション

iPhone 7/8 Plus用「SHIFTCAM 2.0」が届きました。

タイミング的には企画発表の当初の予定(6月予定)よりも3ヶ月押してしまったわけですが、その分というかなんというかパッケージデザインもちゃんとしてました。って、まあ当たり前か。

パッケージはマグネット固定のブックタイプになっていて、右側がケース、トラベルレンズ。左側にフロントレンズ、ストラップが入ってます。
内部でケースが固定パーツから外れていたのですが、まあ、実害は無いですかね。


トラベルレンズは割と楽に取り外し可能。
ケースにはめ込んで一番下にずらすと、iPhone搭載のノーマルレンズで撮影可能。
一つ上にすると望遠、もう一つ上でフィッシュアイ、さらにずらすとマクロになります。
標準のカメラアプリで1x、2xを切り替えることで左右のレンズを使い分ける仕組み。

レンズキャップもマグネット固定。
ちょっと持った感じでは、普通に持ち歩いている分には外れないかも。
落としたら外れそうですが。

受け取ったのは夜なので、マクロしか試してませんが、なかなか便利そうな拡大具合です。

レンズパーツの金属部分。
中央以外はしっかりとボケてます。

パッケージの印字も、こんなにドットが見えるくらいのマクロ撮影ができます。

ケース+レンズをつけた状態で置くとどうなるか。

レンズとカバーをつけると背面に出っ張りができるので、平らな場所に置くと、望遠の位置では右下の縁がちょっとだけ浮いてますが、そんなに不安定感は無いです。
隙間は実質0.3mmくらい。(上の写真の状態)

標準レンズが使える位置で、そのままデスクに置くと、右下の縁が浮く状態。
これだと1mm弱くらい。

レンズ自体は簡単に撮れるのですが、取ったとしても、これくらいの出っ張りはあるので、背面を下にするとやや不安定感があります。
僕は、レンズをつけて望遠の位置にして持ち運ぼうと思ってます。

まずはハンズオン&1stインプレッションでした。
そのうち、写真もアップします。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA