TCL製Palmの噂が再再浮上。

TCLがPalmブランドのAndoridスマートフォンを2018年末に発売の噂が出てきてるんですが、これでこの話は3度目なので、僕はかなり懐疑的です。もう定期的な集客ネタにしか見えないという。

元ネタはこちら。

[Not 2009] Verizon plans to launch a Palm smartphone later this year

”信頼できる情報筋”からの話としていますが、製品仕様であるとかそういうものは一切ありません。新し目の話としては、Verizonと協業しているということくらいです。

TCLがPalmブランドを買収したのは事実で、商品化するという方向性は2015年1月の段階で発表されてます。

TCL Communication,Palm, Incをリビルドへ – PALMFAN

でも、それ以降、予告していたタイムラインも発表されず、何も動きはないものの今回のように「出るみたい」という噂が定期的に出てくるんですな。
これ、TCLがウェブで反応を探っているんじゃないですかね。定期的に「いよいよ発売か」みたいな情報を投下して、売れそうなくらい盛り上がってきたら作るし、そうじゃなかったらそのままみたいなこと?そうではないことを祈ります。

以下は2017年9月に2度目に噂になった時のことを書いた記事。

Other Interests(ソーシャルリンクの修正、またもやTCL製Palmの話) – PALMFAN

僕としては、もうすでにこの時点で懐疑的になってます。

ちなみに、webOSチームとwebOS技術の資産はLGが買収して、スマートTVで使っていますので、webOSが搭載されるという可能性は低いし、そもそもAndroidスマートフォンという話が出ているので、出来上がるものは良くても”Palm OS/webOS風インターフェイスをかぶせたAndroidスマートフォン”ですね。

webOSを採用したLGのスマートTVシリーズ

これが使いやすいものであるかどうかは開発する側のPalmへの思い入れ的なものにかかっていると思うし、さらに、TCL側の経営者が開発コストを算出するときに、そのこだわりを解った上で、開発チームが必要とする予算枠を提供してくれるか、といった要素もあります。

仮に発売されるのであれば、Palmの思想を受け継いだスマートフォンになってほしいなと思いますが、TCLの思い入れはそこまでじゃないのかなーと思います。

Palmに思い入れのある皆さんの書き込み、お待ちしています。
ぜひ僕の懐疑論を覆してください!

タグ:
コメントが11 あります

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA