グローバル音楽市場は2017年に14億ドルの成長〜ストリーミングではSpotifyがトップ。インディペンデント配信の割合も大きく成長

Music Industry Blogが、昨年2017年度の音楽市場は174億ドルに達し、前年2016年から14億ドル(8.5%増)成長していると伝えています。

これは2008年の177億ドルに近い水準で、この10年間縮小していた市場が、再び成長傾向に戻った傾向が見られています。

この売り上げを牽引しているのは、SpotifyやApple Musicなどのストリーミングサービスで、前年比39%の成長の結果、全体の43%となる74億ドルを達成しています。
CDやダウンロードなどのレガシーフォーマットは7.83億ドルで、前年比10%減少しています。

メジャーレーベルの収益としては、Universal Musicがトップポジションをキープし、29.7%となる51.62億ドル、Sony Musicが22.1%の36.35億ドル、Warner Musicは18%の31.27億ドルとなっています。

また、特筆すべき傾向として、インディペンデントレーベルが47.98億ドルで全体の27.6%を占めています。
ただ、実際にはインディペンデントセクターはもっと大きいものの、メジャーレーベルが所有するデジタル配信サービスを経由している場合には、メジャーレーベル側の売り上げとしてカウントされているものもあるとしています。

アーティストのダイレクト配信、インディペンデントレーベルの楽曲のディストリビューションでは、Tunecore、CD Baby、Bandcampの3社が2017年に成長を見せています。

なお、ストリーミングサービスでは、2008年からサービスを開始したSpotifyは、1億5700万のアクティブリスナー、7100万のプレミアムユーザーを獲得しトップとなっています。
Apple Musicの契約者数は4000万ユーザーと見込まれており、今後も追い上げを見せる可能性がありそうですが、MacやiOSデバイス、HomePodを前提に開発されており、WindowsやAndroidでは技術的には対応しているものの、Spotifyのようなクロスプラットフォームな機能が提供できていないことに問題があるとしています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。