ジョンソン&ジョンソン、Appleと脳卒中を事前に検知する研究アプリ「Heartline Study」の提供開始

ジョンソン&ジョンソンとAppleが共同で心臓の健康についての研究をHeartline Studyで進めています。


脳卒中の前症状となる心房細動の初期症状を、iPhoneとApple Watchの組み合わせで検知することの研究を進めており、現在もアメリカ在住者を対象にコントリビューターを募集しています。

研究は「‎Heartline Study」アプリで行われ、健康を保つためのアドバイスなども含まれています。

適格者の条件は:

・65歳以上
・アメリカ在住
・iPhone 6s + iOS12以上
・オリジナル(トラディショナル)メディケア有資格者

となっています。

条件に当てはまる適格者の研究のアクティビティが完了した場合、150ドルの謝礼が支払われます。

詳細はFrequently Asked Questions about the Heartline Studyで確認することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。