世界のスマートウォッチ市場動向:2019Q1に売れたスマートウォッチの1/3はApple Watch

Counterpointが、世界のスマートウォッチ市場は2019Q1に、前年比で48%成長を見せており、その1/3はApple Watchが占めているという調査結果「Global Smartwatch Tracker Q1 2019」を公開しています。

Counterpointのリサーチ・アナリスト Satyajit Sinha氏は、「iPhoneが売れていないという状況の中、Apple Watchは手堅い需要があり、前年比49ポイントの成長を見せている。Appleは引き続き、Apple Watch Series 4のECGなど、健康関連の機能にフォーカスしている。ECG機能は香港、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリスなど19カ国でも認可を受けている。」と述べ、これらの健康関連の機能、NFC、セルラーバージョンなどが購買するきっかけになっているものの、限られたバッテリーライフにより購買欲が下がっているという見方も伝えています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA