Apple ARヘッドセットは2020年発売との情報が再び〜ただし、キラーアプリが無いため発売時期がずれる可能性も

Pexels / Pixabay

Bloombergが、来年2020年はコンシューマー・ガジェット・イヤーになる可能性が高く、各社の5Gスマートフォンなどの他に、Appleが発売するであろうARグラス、Facebookのグラス製品、マイクロソフトのSurface Duoなどを取り上げています。

AppleのARヘッドセットについては、レンズにホログラフィック・ディスプレイを搭載し、装着者のiPhoneからメッセージ、メール、マップ、ゲームを表示する機能を備えているとされています。

また、Apple WatchやApple TVのように専用のApp Storeが設ける方向のようです。

ただ、ARヘッドセット製品がmust-buyとなるような、いわゆるキラーアプリが存在しないため、発売日が遅くなる可能性もあるとのことです。

Apple製品情報に詳しいアナリスト Ming-Chi Kuo氏は、10月初めにAppleのARヘッドセットは2020第二四半期発売と予測していますが、これが遅れる可能性もありそうです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA