最大150インチ、4K HDR+3Dオーディオ、Android 9.0ベースのスマートプロジェクター「Anker Nebula Cosmos Max」がファンディング開始

Anker Japanが,Makuakeで、クラウドファンディング企画「Anker Nebula Cosmos Max」を開始しています。リターンのある支援コースは134,985円からです。

「Anker Nebula Cosmos Max」は、4K HDR+3Dオーディオ対応の最大150インチのスマートプロジェクター。

Dolby®︎ Digital Plusを搭載し、360°全方位に広がるサウンド、1500ANSIルーメンの明るさの最大150インチの大画面が特徴。

Android 9.0ベースでYouTubeやNetflixなどのアプリを使うことができます。

なお、同時に最大120インチのスクリーン投影が可能な「Nebula Cosmos」もファンディング対象になっており、こちらもAndroid 9.0、Dolby Digital Plusは共通仕様で、1080pのフルHD対応、900ANSIルーメンであることが異なります。

「Nebula Cosmos」は55,986円でファンディングされています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。