間も無くドイツで発売の「Bose QuietComfort 45」、世界最高水準のANC機能で24時間再生可能

ドイツのWinFutureが、Boseが準備中のANCヘッドフォン新製品「QuietComfort 45」について伝えています。


アクティブノイズキャンセリング・ヘッドフォンの定番として知られている「QuietComfort」シリーズの新作は「QuietComfort 45 (QC45)」と呼ばれていて、幅広のヘッドバンドを採用し、その先端にイヤーカップがヒンジで取り付けられているため、折り畳むことが可能になっているようです。

マーケティング資料では、QC45のノイズキャンセリング機能が最終的にどの程度の強さになるのか、まだ明らかにされていませんが、世界最高水準のANC機能を搭載し、独自の技術により深みのあるクリアなサウンドを実現しているとされています。

内蔵マイクにより、周囲に気を配りながら音楽などを聴くことができる「アウェアモード」と、TriPortアコースティック・アーキテクチャーを再び採用し、音量に依存するアクティブ・イコライザー(Active EQ)を統合しています。


合成皮革とガラス繊維入りナイロンを使用し、最高の快適性と高い耐久性を両立。

ソフトなイヤーパッドで快適な装着感を実現。

バッテリー容量は前のモデルの495mAhから460mAhとわずかに縮小するものの、大24時間の音楽再生が可能。

USB Type-Cポートで充電を行い、2.5時間以内に完了します。また、15分以内に最大2.5時間の使用に十分なエネルギーを供給するとされる急速充電モードを利用することもできます。

また、以前のモデルでも便利だった3.5ミリの有線接続も継承していて、この場合にはさらに長時間使用が可能になります。

QuietComfort 45(QC 45)はドイツで間もなく発売。

米国での小売価格を329ドルに設定していることから、公式推奨小売価格は先代モデルよりも若干高くなると思われます。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA