2020年iPhoneモデル:リフレッシュレート120HzのProMotionテクノロジーを搭載か

DIGITIMESが、2020年以降に発売される5Gスマートフォンでは、リフレッシュレートが向上したパネルが採用される可能性が高いとする予想を伝えています。

現在のスマートフォンはリフレッシュレートは60Hzですが、これが90Hzあるいは120Hzになると考えられています。

なお、iPhoneに関しては、今年7/21に「Appleはリフレッシュレートが60Hz/120Hzに切り替え可能なスクリーンを2020年のiPhoneに搭載することを検討していて、SamsungとLGと話し合っている」という情報がツイートされています。

Appleは、すでに「iPad Pro」にリフレッシュレートを最大120Hzで切り替えられるProMotionテクノロジーを搭載しており、これにより、Apple Pencilでの書きごこちのレスポンス向上、スムースな表示を実現していますが、これはOLEDパネルではありません。

また、2020年のiPhoneモデルは全てOLEDになるという噂が先行していますが、Pro Maxに相当するハイエンドモデルに、新たにリフレッシュレート切り替え可能なOLEDパネルが採用されるかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。