2021Q1にはminiLED搭載iPad Pro、Q2にはminiLED搭載MacBook Proは発売予定でサプライヤーは準備を進めているとの情報

DIGITIMESが、2021年に発売予定のminiLED搭載のApple製品について触れています。

macbook pro turned on displaying red blue and yellow lights

関係筋のレポートによると、Appleは2021年第1四半期に初のminiLED iPad Proを発売し、第2四半期にはminiLED MacBook Proモデルを量産する予定。

多くの台湾サプライヤーは、これらの動きを見越して開発を進めています。

LEDチップベンダーのEpistar、テストとソートのスペシャリストであるFitTech、SMTサービスプロバイダのTaiwan Surface Mounting Technology、バックライトボードサプライヤーのZhen Ding Technology、冷却ソリューションプロバイダのAuras Technology、プロセス機器メーカーAll Ring Technologyといった台湾のサプライヤーは、今後のminiLED搭載のAppleデバイス向けの製品出荷による成長の勢いを得るために準備ができている、とされています。

また、miniLED iPad Proデバイスの組み立てはFoxconnとCompal Electronicsが行い、M1チップセットを採用したMacBook Pro製品は主にQuanta Computerが生産し、一部はFoxconnが生産するという話も出ています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA