AirPods 3:2019年末にノイズキャンセル機能搭載で発売か

DIGITIMESが、2019年末にノイズキャンセル機能を搭載したAirPods 3が発売されるという話を伝えています。

これは業界筋からの情報とされています。
製造は、主に台湾のInventecが請負い、ついで中国のLuxshare Precisionも一部製造することになるようです。

Appleは、世界のトゥルーワイアレスヘッドセット市場で75%のシェアを獲得しており、2018年には3500万台のAirPodsを出荷。
2019年には5000万台のAirPodsの出荷を見込んでいます。

AirPodsがブレークしたことにより、Huawei、Xiaomi、Microsoft、Amazon、Googleもオリジナルのトゥルーワイアレスイヤホンを発売する動きを見せており、このため、次のAirPodsではアクティブ・ノイズキャンセル機能などを搭載する予定とされています。


なお、ノイズキャンセル技術は、特に新しい技術では無いですが、アクティブノイズキャンセリング方式の場合、周囲の音を集音し、ある帯域の逆位相を再生することでノイズを消す仕組みを採用することが多く、このため、ANC機能を搭載するヘッドフォンはアラウンドイヤー型、イヤホンはカナル型が主流です。

ノイズキャンセル機能で定評のある、BOSEの「QuietComfort 35 wireless headphones II」なども周囲のノイズと逆位相の信号を再生する技術を採用しています。

現在のAirPodsはカナルタイプでは無いため、もしANC機能を搭載するのであれば、デザイン自体を変更する必要があるように思われます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。