Amazonが中国ブランド600社を永久追放。ブランドごとか製品ごとかは対応が分かれています。

The Vergeが、Amazonが中国ブランド600社を永久追放したことを伝えています。

black Samsung Galaxy smartphone displaying Amazon logo

Amazonのスポークスマンのステートメントは以下の通り。

アマゾンは、お客様が安心してお買い物ができ、出品者が健全な競争の中でビジネスを成長させる機会を得られるよう、ストアでの素晴らしい体験を構築するために努力しています。お客様は、十分な情報を得た上で購入を決定するために、商品レビューの正確性と信憑性を信頼しています。私たちは、レビュアーと販売パートナーの両方に対して、コミュニティ機能の乱用を禁止する明確なポリシーを設けています。これらのポリシーに違反した人に対しては、世界のどこにいても、一時停止、禁止、法的措置をとります。

私たちは、レビューの不正利用を含む複数のポリシー違反を故意に繰り返し行っている者を含め、不正利用の検知を改善し、悪質な行為者に対して強制措置を講じていきます。私たちが取る措置は、お客様と、グローバルな販売コミュニティの大部分を占める誠実な企業にとって最善の利益になると確信しています。

今回の措置に先立ち、ガジェットアクセサリーメーカーとして日本でもポピュラーなAukey、Mpow、RavPower、Vava、TaoTronics、Choetechの製品がAmazonのオンラインストアから突然無くなるといったことがありました。

これは商品パッケージに謝礼付きのレビューカードが入っていて、ユーザーによる公正なレビューを妨げると判断されたためと思われます。

以下はThe Wall Street JournalのNicole Ngyuen記者のツイート。


タイミング的にはこのツイートをきっかけにAmazonによる販売禁止措置が始まったように見えますが、Amazonは過去5ヶ月間に世界のAmazonサイトでポリシー違反をしている業者を調査集計していたそうです。

その結果、現在、3,000の異なる販売者アカウントで600以上の中国ブランドを永久に禁止しました。

ただ、違反内容によって対応が分かれるようで、一部のブランドは全製品が販売禁止になっていますが、一部のメーカーはその取扱製品の一部が販売禁止になっています。

この辺りは、Amazon自体も対応を模索している様子が伺えます。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA