Apple、CDCガイドラインに基づく、COVID-19の特設サイトとiOSアプリを公開

Appleが、新型コロナウイルス”COVID-19”の特設サイト「Coronavirus (COVID-19) – Apple and CDC」を公開し、iOSアプリ「‎Apple COVID-19」を配布しています。


特設サイト「Coronavirus (COVID-19) – Apple and CDC」、iOSアプリ「‎Apple COVID-19」では、CDCの最新ガイドラインに基づき、危険因子、最近の暴露と症状、感染を広げないために注意する点や理解を深める情報が提供されています。

さらに症状が出ている人向けに次に何をするべきかなどの情報、社会的距離と自己隔離に関するガイダンス、症状を綿密に監視する方法、現時点で検査が推奨されるかどうか、いつ医療提供者に連絡するかなどのCDCの推奨事項も提供されています。

なお、この新しいスクリーニングツールは、個人向けにデザインされており、医療提供者からの指示や、州や地方の保健当局からのガイダンスに代わるものではないことには注意が必要です。


また、特設サイトとアプリではユーザーに向けて、最新情報を配信し、必要なサポートを得るために役立つリソースへのアクセスも提供されます。

この特設サイトとアプリは、アメリカのThe Centers for Disease Control(CDC)、ホワイトハウスのコロナウイルス・タスクフォース、FEMAとAppleの協力により合衆国の国民向けに共同開発されたもので、これにより、いかなるApple製品が推奨されることを示すことではないと明記されています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。