Apple、M1での外部ディスプレイ解像度が利用できない問題は将来のアップデートで解消予定とアナウンス

Appleがサポート情報に「If the supported resolution isn’t available on an ultrawide or super-ultrawide external display connected to your Mac with Apple M1 chip – Apple Support」を追加。


Apple M1チップを搭載したMacで、ウルトラワイドまたはスーパーウルトラワイドの外部ディスプレイを接続した場合に、サポートされている解像度が利用できない場合がある、とされており、この問題は将来のmacOSアップデートで解消される予定とされています。

M1搭載Macでの外部ディスプレイ接続時の制約については「EIZO、M1チップ搭載のMac製品とPCモニターを接続した場合での制約といくつかの回避方法をアナウンス」にある通りですが、今回Appleがアナウンスした問題は解像度についてに限定されるようにも受け取れるので、確認されている制約の全てが解決するかどうかは不透明ともいえそうです。

#個人的にはMacBook Pro 16インチのApple Silicon版リリースまでには解決してほしい、、、!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA