Appleが「探す」アプリをサードパーティ製品に提供開始。Eバイク「VanMoof」でも利用可能に。

Appleが、「探す」ネットワーク対応アクセサリプログラムにより、他社製のアイテムを見つけることが可能になったとアナウンス


これまでApple製品では「探す」アプリケーションを使って、デバイスの位置を調べ、アラームを鳴らすなどの機能を提供していましたが、サードパーティ製品では使用できませんでした。

「探す」ネットワーク対応アクセサリプログラム(The Find My Network Accessory Program )により、サードパーティは探索サービスに対応する製品の開発を行うことができます。

今回対応製品としてアナウンスされたのは、Eバイクの「VanMoof S3 および X3」「Belkin SOUNDFORM Freedom True Wireless Earbuds」「Chipolo ONE Spot アイテムファインダー」。


VanMoof S3 | VanMoof」と「VanMoof X3 | VanMoof」は250,000円から。


VanMoof社は今日以降に販売された新しいVanMoof S3とX3モデルは、AppleのFind Myネットワークに対応していると述べています。(逆に以前に購入したバイクは未対応である可能性もあります。)

VanMoofアプリに「Apple Find Myに追加」というオプションが加わり、自転車本体のFind Myテクノロジーを有効にすると、「探す」アプリに接続する方法が表示。


設定後は、他の対応デバイスと同じようにVanMoof S3やX3を、新しい「アイテム」タブで表示し探すことができます。

近くにある場合は、音を鳴らすることもでき、遠くにある場合は、自転車をロストモードにして、「探す」ネットワークの助けを借りて探し出すことができます。


なお、Appleの「The Find My Network Accessory Program」により認証された製品は “Works with Apple Find My” バッジが付与されます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA