Appleが中国市場向けにFace ID非搭載のiPhone製品を投入するとの予測

Mashdigi.comが、Appleは中国市場向けモデルとして、コストの高い顔認証システム「Face ID」を無くし、iPhone 8シリーズまで採用していた指紋認証「Touch ID」を搭載したモデルを投入する可能性があると伝えています。


Appleは、すでに中国市場向けのデュアルSIMカードスロットを搭載したiPhone製品を投入しており、このことからも規模の大きい中国市場向けに、価格競争力のあるiPhone製品を投入することは十分考えられます。


Touch IDの搭載方法は、iPhone 8のようにディスプレイの外に配置する、あるいは、歩留まりの問題から搭載が見送られていた”液晶ディスプレイの下にTouch ID機能を搭載する技術”が採用されるかもしれないと予測しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。