Appleが開発中のMac用プロセッサーは3種類。最初のモデルは来年発売の新ラップトップか。


Bloombergが、Appleの独自開発チップを搭載したMac製品を来年発売するという話を伝えています。

Appleは、次のiPhoneに搭載されるA14プロセッサーをベースに、”systems-on-a-chip”として知られている3種類のMac用プロセッサーの開発を行っており、そのうちの一つはiPhone/iPadに搭載されるプロセッサーよりも高速とされています。

コンポーネントは5nmで、iPhone/iPadと同じサイズ。

独自開発のプロセッサーを搭載したMacは、来年少なくとも1モデルが発売される予定。

Appleとしては、Mac製品、iPhone/iPad製品に搭載するプロセッサーを統一することにより、より統合性のある性能向上を図れると同時に、Intelへの依存度を下げることにつながります。

この新しい独自プロセッサーの最初のチップは、Intelが現在MacBook Pro、iMac、Mac Proに提供しているプロセッサーのパフォーマンスに満たない可能性があり、そのため、新しいラップトップから搭載が始まると予想されています。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA