AppleがFoxconnで2種類の折り畳みデバイスをテスト中との噂

経済日報が、2種類の折りたたみタイプのiPhoneのプロトタイプ2種類がテスト中という話を伝えています。

person holding black android smartphone

image via instant image

Appleが開発を進めてい折り畳みデバイスは、”折りたたみモデルとは思えないデュアルスクリーンモデル”と「Galaxy Z Flip」「Moto RAZR」に似たフリップタイプの”折りたたみモデル”の2種類。

まだ完全なスマートフォンではなく、折りたたみ式スピンドルヒンジの耐久性をテストするだけのケースであるため、現在は深センのFoxconn工場でテスト中。
上下フリップタイプの折り畳みモデルは、サムスンのフレキシブルな有機ELスクリーンパネルを搭載した実際の折り畳みスクリーンモデルになる可能性が高いとされています。

Appleは最も可能性の高いモデルを評価し、テスト後に一つに絞り込むようです。

完全な製品の発売時期は不明ですが、市場予想での最も早いタイミングは2022年後半、あるいは2023年とされています。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA