AppleがiPad Pro製造工程に関するサポートページを公開〜「iPad Proは厳格な仕様条件の下、製造されている」

Appleが、「iPad Pro のユニボディ筐体のデザイン – Apple サポート」を2019年1月6日に公開しています。

iPad Proを購入した一部ユーザーから「箱から出した時から反っている」とレポートされていることについて説明する内容も含まれており、iPad Proの製造工程は”全長にわたって偏差 400 ミクロン以下 (紙 4 枚の厚さ未満) しか許容されない”厳格な仕様条件を満たしたもので、エッジが直線になっているため、見る角度によっては、わずかな差が目に見えることがあるとしています。

使用条件を満たしていないと思う場合は、Apple サポートへの問い合わせを推奨しています。

Macrumorsの「iPad Pro’s bending issue (merged) | Page 2」には、12.9インチのセルラーモデルを週末バックパックに入れて持ち歩いた後、反っていることに気がついたという話が写真付きでアップされています。


via:iPad Pro’s bending issue (merged) | Page 2

デスクに置いた状態で、片側が持ち上がっている状態まで反っていることが確認できます。

iPad Pro – My iPad bent, I did not have a case, did you?」では、指先で持ち上げた状態で反っていることがわかる写真があります。


via:iPad Pro – My iPad bent, I did not have a case, did you?

これらの製品が、Appleの主張する”厳格なiPad Pro製造仕様”を満たすものであるのかは明らかになっていません。



コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA